自己破産は2回目も可能?~再び借金地獄に陥ってしまったら~

自己破産は2回目も可能?~再び借金地獄に陥ってしまったら~

自己破産は2回目も可能?~再び借金地獄に陥ってしまったら~

自己破産をすると、何の落ち度も無い善良な債権者の債権を奪うことになるため、自己破産者は深く反省し、更生することを誓うとともに、適正な社会生活に戻るための再生計画を立て、裁判官に認めてもらうことで借金返済の義務を免責してもらうことができます。

ところが、免責を受けた後に2回目の自己破産を申し立てる人がいます。道義的には問題があるとは言えますが、法律上では自己破産は1回限りという規定はなく、何度でも申立ができることになっています。ただし、自己破産をした後すぐに2回目の申立をすることは社会正義上許されず、免責の許可を得てから7年を経たなければ2回目の申立はできません。

なお、例え2回目の申立ができたとしても、同じことを繰り返すということは反省の念が薄く、更生の意志も弱いと判断されるため、免責の許可が得られることはほとんどありません。裁判所からの免責が下りなければ、破産はできても借金が減ることは無く、全額を返済しなければならないということです。

ただ、2回目の申立であっても、1回目とは全く違う妥当性のある根拠があれば、免責されることもあります。例えば、1回目の理由は返済に回せるだけの収入を得られる状況に無かったためで、2回目の理由は突然の事故や病気で仕事ができなくなったため、ということであれば、許可が出ます。しかし、返済不能の背景に生活費の管理不足や収入を得るための努力不足がある場合は、免責が認められることはありません。